申込書の書き方を工夫する

クレジットカード勧誘スタッフの裏話

カテゴリTOPクレジットカードの審査TOPホームページ1クレジットカード勧誘スタッフの裏話

クレジットカードの申込書の書き方を工夫しよう

クレジットカードを申し込む時に必ず書く(Webなら入力)のが申込書です。ここの書き方の一つで、審査に否決する事だって考えられるのです。普段お客様を前に、クレジットカードの申込書の書き方を教えている私がアドバイスします。

まずは申込書の基本から

まず、は基本的な事がらからアドバイスです。中には当然の事もありますが、大事な事ですので、よく守って申込書を書きましょう。審査によく否決する人は特に必見です。

綺麗な字で書く

インターネットなら関係ありませんが、郵送で申し込みをする時は、必ず丁寧な文字で書きましょう。クレジットカードの申し込みなんて、担当者の気分一つで否決、可決を決められてしまうのです。相手も人間ですので、なんとなく字が汚いからとか、なんとなく不誠実そうだとか、否決にしてしまう事だって考えられます。自分なりの丁寧でも大丈夫ですので、せめて殴り書きなどはやめましょう。

ウソは書かない

意外とドキッとする人もいるかもしれませんが、ついていいレベルのウソと、ついてはいけないレベルのウソがあります。(後述します。)矛盾が発生しないように、ウソなく記入しましょう。

審査に影響する各項目の書き方

居住年収

普通に問題のない方はそのまま大雑把で結構ですのでご記入ください。問題は、一年未満の方の記入です。ほとんどの会社は、年単位で月を書く欄がないと思います。大体四捨五入して1年になるようでしたら、「1」で大丈夫です。正確に書くのでしたら、0.2等と書く事もできます。

もちろん年数が長いほどスコアリングは高くなりますので、できれば「1」以上は欲しい所です。

お住まい

お住まいの項目はクレジットカード会社によりますが、「持ち家」「賃貸」「家族持ち家」「賃貸アパート」「賃貸マンション」等あるかと思いますが、ここは正直に書いておきましょう。通常審査側は、持ち家か賃貸か等を調べませんが、ウソはよくありません。また、賃貸マンションか賃貸アパートかで、可決・否決が決まるなんて考えづらいので、小さな見栄を張らないで正直に書きましょう。

ご本人について

例えば会社員か公務員か、自営業、自由業、パート・アルバイト等あるかと思います。ここも、アルバイトなのに正社員と書く人がいますが、正直に書いた方がよいでしょう。圧倒的にバイトよりも正社員の方が作りやすいですが、クレジットカード会社と会員は信用関係で成り立っている訳ですから、ウソは厳禁です。

お勤め先

きちんと会社名や(あれば)部署名、所在地、電話番号、入社年月、は書きましょう。用は他人が見て、どこでどの用に働いているかを間違いなく正確に伝えましょう。特に派遣社員の方は、分かりやすく書く必要があります。参考(Q&Aカテゴリから):派遣社員はクレジットカード申込書のお勤め先になんて書くの?

年収

それ程正確に書く必要はありません。この項目はあくまでも自己申告ですので、クレジットカード会社もまるまるこの数字を信用する訳ではないからです。ただし、ある数値以下だった場合は自動的に否決にするような機械審査も考えられますので、その点だけ注意しましょう。例えば、年収170万の人が200万くらいに色をつける位ならかわいいものでしょう。

ちなみに消費者金融の会社が発行しているクレジットカードは、申し込み時に、収入を証明する書類が必要になる事がありますので注意しましょう。定かではないですが、アメックスも昔は収入証明が必要なケースがあると聞いた事があります。

無担保借り入れ

これはちょっと難しいかもしれませんが、CIC等の個人信用情報機関に載っている借り入れは、正直に書いておくと良いでしょう。クレジットカード会社は、審査をする時に必ず個人信用情報機関を閲覧しますから、もしウソをついてもばれてしまいます。心証が悪くならないように正直に申告しましょう。

一枚目のカード取得を目指している方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

Copyright© クレジットカード勧誘スタッフ All Rights Reserved.

お気に入りに追加