5つの国際ブランド

クレジットカード勧誘スタッフの裏話

カテゴリTOP基本知識TOPホームページ1クレジットカード勧誘スタッフの裏話

クレジットカードの5つの国際ブランド

クレジットカードには、世界にまたがって使用できる国際ブランドがあります。ここでは、世界にたった5つしかない国際ブランドについてご紹介します。

JCB(ジェーシービー)

JCB(Japan Credit Bureau-ジャパンクレジットビューロー)は、世界で使用できる国際ブランドかつ、日本でも最も加盟店の多いブランドです。世界でも5つしかない国際ブランドに、日本のクレジットカード会社が入っているというのは、大変すごい事だと思います。

海外での利用

日本では最大の加盟店を誇るJCBですが、やはり海外では使用できない場合も多くあります。ただし、日本人が良く行くような場所、例えばハワイや韓国等はかなり使用できるようです。もともとJCBはT&Eカードであって決済カードではありませんので、そこら辺は割り切ってビザかマスターカードも持って行く事をお勧めします。

決済機構&自社でも発行

また、JCBは決済機構でもあり、同時に自社でもクレジットカードを発行しています。右下にJCBのマークがあるカードは全てJCBカードですが、プロパーか、フランチャイズか、開放かに分かれます。(上記は用語集へリンクしています。)

VISA(ビザ)

ビザカードは日本でもかなり認知されているブランド。三井住友VISAカードを思い出す人も多いと思いますが、三井住友=「VISA」というのは間違いです。三井住友カードの前身である住友クレジットが、最も早くビザと提携したために、そういった印象があるのでしょう(ただ、三井住友カードが日本のVISAの盟主であることは間違いありません)。

ビザは、バンクオブアメリカという銀行が打ち出したバンカメリカードが発祥となったもので、クレジットカード会社ではありません。あくまでも「VISA」という決済機構の団体です。よってプロパーカードも存在しません。(自社でカードを発行していないという事です。)

加盟店が世界で見ると非常に幅広いので、決済機構として一枚持っておくと良いでしょう。

Master Card(マスターカード)

上記ビザに対抗して生まれたのがマスターカードです。こちらもビザと並び、所有者が多いカードです。加盟店の数については移り変わっているので正確なソースがないとわかりませんが、ビザと大して変わりはないと考えてよいでしょう。

ビザと同じように、幅広い加盟店で決済できる事に主眼を置いている決済カードですので、ビザとマスターカードはよく比較されます。あくまでも一般的な説ですが、マスターカードはヨーロッパに強いと言われています。

マイナーマスター問題

マスターカードには、マイナーマスターという問題があります。具体的には、マスターカードのステッカーが張ってある加盟店でも、利用が出来ない事が極まれにあるのです。

UC・DC・UFJ等のメジャーマスターには存在しませんが、三井住友カードやCITI等、オムニカードのライセンスにより発行しているマスターカードでは起こりえます。

消費者金融が発行したために

マスターカードインターナショナルという発行ライセンスを与えるは、消費者金融でもマスターカードの発行を認めています。個人的な意見ですが、そのため日本では若干ですがブランディング戦略に失敗している気がします。アコムが出している事でも有名ですね。

AMERICAN EXPRESS(アメリカンエキスプレス)

アメリカンエキスプレス(アメックス)は富裕層向けのクレジットカードと世間では言われています。加盟店は公開されていませんが、あまり多くはありません。が、日本ではJCBと加盟店開放契約をしているので、かなり使える場合も多いです。(全てのJCB加盟店で利用できる訳ではありません。)

アメックスは、加盟店の多さよりもT&E(トラベル&エンターテインメント)カードですので、顧客が満足できるサービスを重視しています。そういうサービスを欲している層には、非常に心強いクレジットカード会社なのでしょう。だから、富裕層に人気があるのでしょうね。

一昔前は、グリーンカード(一般)でも他社のゴールド相当と言われていましたが、現在はそんな事はなく、きちんと働いていればそれ程取得は難しくないようです。

Diners Club(ダイナースクラブ)

ダイナースクラブもアメックスと同様富裕層向けの国際ブランドです。もともとダイナースとは食事をする人を意味する言葉ですので、加盟店もレストラン等のT&Eを中心に伸ばしてきた経緯があり、それ程多くはありません。ただし、なかなか取得が困難なクレジットカードですので、欲しがる男性も多いようです。

やはり富裕層の会員が多く、医者や弁護士の方など、社会的信用のある会員が多いようです。

一枚目のカード取得を目指している方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

Copyright© クレジットカード勧誘スタッフ All Rights Reserved.

お気に入りに追加