クレジットカード発行会社

クレジットカード勧誘スタッフの裏話

カテゴリTOP基本知識TOPホームページ1クレジットカード勧誘スタッフの裏話

そのVISAはどこのVISA?発行会社が大事

例えばこんな会話「なかなかクレジットカードの限度額が上がらなくて」「え?どこのカード持っているの?」「ビザだけど?」というのは間違いではありませんが、これだけを聞いて、アドバイスを出せる人はいないでしょう。なぜなら同じVISAでも発行会社によって全く異なるからです。

このページでは、多くの人が間違って理解している、発行会社と国際ブランドの関係について見てみましょう。

発行会社と国際ブランド

まずはクレジットカードの「発行会社」と「国際ブランド」を分けて考えてみる必要があります。

発行会社

発行会社というのはクレジットカードを発行している会社であり、カード裏面に書いてある会社の事です。サービスやサポート、入会審査や利用者の管理など、業務委託をしていない限り全てこの会社が担当しています。普段の利用明細書も、おそらく発行会社から届いているはずです。

国際ブランド

国際ブランドは、世界にまたがって利用できるクレジットカードであり、JCB VISA MasterCard AMEX Dinersの五つのブランドが存在します。現在発行されている大部分のクレジットカードに、いずれかの国際ブランドがついています。

国際ブランドは決済の利便性を高める為についているだけ

もし私たちが使っているクレジットカードに国際ブランドがついていなかったら、使えるお店は圧倒的に少なくなってしまいます。それが国際ブランドと提携する事により、国内外を問わず利用できる店舗が増える、、、という事。つまり国際ブランドは決済の利便性を高める為についているだけなのです。超極端に言うと、オマケみたいなものだと考えてください。

[一例]
発行会社 国際ブランド 簡単に言うと
JCB[LINDA] (株)ジェーシービー JCB 正真正銘JCBプロパーカード
イオンJCBカード イオンクレジットサービス(株) JCB JCBの加盟店でも使える
イオンカード
セゾンAMEX (株)クレディセゾン AMEX AMEXの加盟店でも使える
セゾンカード
三井住友VISAカード 三井住友カード(株) VISA VISAの加盟店でも使える
三井住友カード
UCVISAカード ユーシーカード(株) VISA VISAの加盟店でも使える
UCカード
ライフMasterCard (株)ライフ MasterCard MasterCardの加盟店で使える
ライフカード

上記表の「簡単に言うと」の所が重要です。VISAやMasterCard等の国際ブランドよりも、発行会社が重要です。

逆に言えば、発行会社の良し悪しが大事

前述したように、発行会社はサービスやサポート、盗難・悪用時の対応等を全て行います。すなわち、たとえば一口にVISAといっても、発行会社が違えば付加価値もデスクの対応も審査基準も全く違うという事です。という事は、国際ブランドだけではなく、発行会社のサービスをよく確かめる事が重要です。

例えば、同じVISA付きのクレジットカードで、かつ同じ年会費でも、全く保険がついていないものもあれば、海外旅行の保険が自動付帯されているものまであります。ご自分の生活にあったサービスを提供しているクレジットカード発行会社を選べば、非常にお得になるんですよ。

冒頭の例は?

それを踏まえると、冒頭の例なら、「なかなかクレジットカードの限度額が上がらなくて」「え?どこのカード持っているの?」という問いに対して「三井住友カードだよ」とか「DCだよ」等の発行会社名を言っていれば答えられます。一般的には、所持しているカードを挙げてくださいという時は(そんな時ないか-笑)、発行会社を言えば伝わりやすいでしょう。

基本的な解説はここでおしまいです。もうちょっと国際ブランドについて知りたい方は、下もご覧になってみてください。

国際ブランドについてもっと詳しく

国際ブランドの中でも決済カードと言われるVISAとMasterCardはただの決済機構であり、元締めであるVISAインターナショナルやMasterCardインターナショナルはクレジットカードの発行をしていません。つまり、VISAやMasterCardのプロパーカード(本体発行カード)は存在しないのです。

日本でVISAやMasterCardを発行しているのは、1.それぞれの元締めから、直接発行ライセンスを取得している会社。2.発行ライセンスを取得している会社の発行権を借りて発行する会社があります。

VISA InternationalやMasterCard Internationalから直接発行権を得ている会社

これらは直接契約で発行ライセンスを取得しています。大手のクレジットカード会社なら、ほとんどが直接発行ライセンスを取得しています。

発行ライセンスを取得している会社の発行権を借りて発行

発行ライセンスを取得するには厳正な審査(消費者金融系では審査に通りません)や莫大な費用がかかります。そこで、既に発行ライセンスを持っている会社と提携して、VISAやMasterCardを発行する会社もあります。例えばVIEW⇒UC IYカード(V)⇒UFJカード 小田急カード⇒UFJカードなどがあります。

もちろん自分のライセンスで発行している方が偉いとかそういうわけではありません。私たちからすれば、決済できさえすれば全く同じですよね。

一枚目のカード取得を目指している方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

Copyright© クレジットカード勧誘スタッフ All Rights Reserved.

お気に入りに追加