ビューカード

クレジットカード勧誘スタッフの裏話

カテゴリTOPカード会社一覧TOPホームページ1クレジットカード勧誘スタッフの裏話

NTTドコモのクレジットブランド・dカード

昨今は異業種からのクレジット業界参入も増えてきていますが、携帯電話業界大手のNTTドコモもクレジット業界に参入しています。三井住友カードと提携してクレジット業務を行うことで、携帯ユーザーとクレジットをより深く結びつけています。

2015年11月には、DCMXからdカードにブランド名が変わり、サービス内容も変更されました。

私が思う会社イメージ

NTTドコモ、言わずと知れた大手携帯電話会社です。私も以前仕事用として使っていましたが、昔は少し高いけれども最も電波が良い携帯電話会社でした。昨今は各社通信インフラも整い繋がるようになり、料金も違いは無くなってきましたが。

ちなみに、ドコモの、株主・投資家向けの情報を見ると、2014年3月時点でのドコモの契約者数は約6千3百万人。それほど大きな携帯電話会社が、クレジットとの親和性を高めれば、すごいことになる……ということでこのようなサービスが生まれたのだと思います。

少し古い情報ですが、2013年9月の時点でドコモのクレジットカードの会員数は約1,508万とのこと、随分多くのユーザーさんが持っている計算になります。今後どのような戦略を見せてくれるのか、ドコモユーザーにとっては目が離せませんね。

代表クレジットカード

dカードGOLD (オフィシャルページ)

dカードのゴールドカードです。ゴールド以外に一般カードもありますが、ゴールドの方がうまみが強いです。

その最たる理由は、dカードGODLを保有すると、初年度からdポイントクラブのゴールドステージになれるということにあります。ゴールドステージは、携帯電話利用料金の1000円につき100ポイント、dポイントが貯まります。つまり、最大10%還元ということになりますね。

それ以外にも、空港ラウンジや一般的なゴールドカード相当の保険など、様々な優待が受けられます。

特に、月に1万円以上携帯料金がかかっている人であれば、問答無用でお得です。ドコモユーザーにとっては必携です。

dカードGOLD (オフィシャルサイトへ)

dカード (オフィシャルページ:一般カード相当)

先ほどもちらりとふれたこちらのdカードが、一般カード相当のクレジットカードです。ゴールドはゴールドステージで最大10%のdポイントの還元がありましたが、還元率を考えても、年会費1万円+税はきわどいな・またはちょっと届かないかな……という方もいるかもしれません。

そんな方には、初年度年会費無料、年一回の利用で次年度も年会費無料のdカードの一般カードをお勧めします。こちらは、ブロンズステージになることができ、携帯電話利用の1000円につき10ポイント加算となります。

つまり、最大1%還元相当のプラスとなります。ゴールドに比べると見劣りしますが、実質年会費が無料に近いというのはやはり安心感はあります。携帯はあまりかけなくて、ほとんど受けで使っているよ、という方には得にこちらがお勧めです。

たくさん使うようになったら、後でゴールドにアップグレードしてもよいですしね。

dカード (オフィシャルサイトへ)

会社概要

株式会社NTTドコモの最新情報は↓をご覧ください。
(https://www.nttdocomo.co.jp/)

一枚目のカード取得を目指している方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

Copyright© クレジットカード勧誘スタッフ All Rights Reserved.

お気に入りに追加