困ったさんなお客様

クレジットカード勧誘スタッフの裏話

カテゴリTOP勧誘の裏話TOPホームページ1クレジットカード勧誘スタッフの裏話

クレジットカードの勧誘時にいる、困ったさんなお客様

どこの業界にもいるであろう困ったお客様。例外にもれず、クレジットカード勧誘の場にも、困ったお客様がご来店されます。ここではそんなお客様をご紹介します。

何度も何度も申し込み

クレジットカードを店頭で申し込むと、金券がもれなくプレゼントになるキャンペーンというのは結構あるものです。そのお客様は、ここぞとばかりにやってきます(笑)

まぁだれでも想像する事ではあるでしょうけれど、自分ひとりで何度も何度も申し込みをして、何度も金券をゲットしていくのです。ほんとよくやるなぁとは思いますが(笑)ちなみにパンフレットにはもちろん一度申し込みをした方は対象外などと書いてありますが、そんな事はお構いナシです。

しかし、もちろんお店側も黙ってはいません。受付カウンターで、このお客が来たら申し込みを受けるな!というブラックリストが作られる事もあります。それにしても、かなりの神経を持ち合わせていないと…。普通はこういう事はできないですよね☆

身分証明でごねるお客様

2003年1月から、テロなどのマネーロンダリングの防止策として、本人確認法という法律が施行されました。よって、店頭でクレジットカードを申し込む時に、お客様に公的な身分証明書を確認する事があるのですが、以外にこれにごねる人が多いのです。

私「本日ご本人様の確認できる公的な身分証明書はお持ちでしょうか?」

お客様「持っているわよ」

私「では確認させていただいてよろしいでしょうか?」

お客さま「えっ。なんで見せなければいけないの?」

私「2003年から本人確認法と言う法律が施工されまして、確認する義務があるんですよ。」

お客さま「えっでも見せたくないんですけど。」

私「そうしますとカードのお申し込みを承れないんですよ。」

お客様「どうして?せっかくあなたの所のカードに申し込みをすると言っているのに。」

私「ですから、先ほど申し上げたように、確認しなくてはいけない法律があるんですよ。」

お客様「だったら確認したって事にしておいてください。」

私「それは出来かねます。怒られてしまいますので。」

お客様「もう!あなたも頭が固い人ね!見せたくないって言ってるでしょ!」

私「それではカードのお申し込みができないんですよ。」

お客様「もういいわよっ!()」

うーん、免許証の顔写真とかが気に入らなくて、人に見られたくなかったとかなのかなぁ。

また、他にもこんな人もいました。

私「身分証のご提示をお願いしてよろしいでしょうか?」

お客様「はいよ」(どこかの会員証)

私「お客様、恐れ入りますが、身分証明書は、公的機関が発行しているものに限らせていただいております。ちなみに他の身分証明書はお持ちでいらっしゃいますか?」

お客様「(プチッ)ふざけんな!なんでこれがダメなんだよ!名前書いてあるだろ!」

私「公的機関発行の、お名前と生年月日とご住所が確認できるものでないとダメなんです。」

お客様「そんなのしらねーよ!上司出せ!」

私「これは法律で定められているので、確認しないと申し込みができないんですよ。」

お客様「うるさい、上司出せ!」

(...なに言っても言葉をさえぎって上司出せが続くので、仕方なく上司を呼ぶ。)

上司(年配)「どうなさいましたか?」

お客様「こいつが舐めた口きくんだよ!この身分証じゃだめだって。」

上司「お客様、大変失礼をしました。恐れ入りますが、本人確認法に基づき、公的機関の発行している証明書が必要になるんです。」

お客様「そうなのかよ、最初からそう言えばいいのに。」

上司「大変申し訳ございません。○○にはよく言い聞かせておきますので。」

お客様「ちゃんと言っておけよ。ったく最近のやつは言葉遣いがなってねぇからな。」(と言いながら去る)

若い人が好きではないのはなんとなく分かりますがこの態度の変わりようはヒドイ。かなりショックだったので覚えています。最初に何度も言ったのに〜(×_×;)

一枚目のカード取得を目指している方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

Copyright© クレジットカード勧誘スタッフ All Rights Reserved.

お気に入りに追加