更新拒否

クレジットカード勧誘スタッフの裏話

カテゴリTOPQ&A TOPホームページ1クレジットカード勧誘スタッフの裏話

有効期限が切れたのに更新カードが届きません。何故でしょうか?

通常クレジットカードは、その有効期限が切れると自動的に更新されます。つまり、何もしなくとも配達記録でカードが届きます。しかし、まれに更新カードが届かない場合があるのです。

クレジットカードの更新拒否

実は更新拒否というものが実際にあるのです。なぜそういう様な事があるかというと、各会社の独自の基準により、利益が得られないと判断した場合や、焦げ付き(延滞や貸し倒れ)を防ぐ為でもあります。それでは更新拒否になる可能性を、具体的に見てみましょう。

ほとんど利用していない休眠会員

殆ど利用していない会員からは、当然ですがカード会社は手数料収入を得られません。ちなみに利用しなくなってしまう事を、休眠会員・休眠カードと業界では呼びます。特に年会費永久無料のカードでは、会費が無い為に、使ってもらえなければどうしようもないのでしょう。

ただ、使用していないなら明細書も届かないので郵送代もかからないし、カード会社もあまり損は無いのでは、と思われる方もいらっしゃると思います。しかし会員のデータ管理費や、カード作成費もありますので、マイナスになってしまうのです。

その為、わざわざ使ってくれない会員に、カード作成費をかけてまで発券しない、つまり更新拒否という事がありえるのです。AMEXやゴールドカードのように高い年会費を払っていれば別ですが、年会費無料のクレジットカードは少し気をつける必要があるでしょう。

・・・とちょっと驚かせてしまったらごめんなさい。しかし、通常は更新拒否なんて気にしなくて大丈夫です。私が今まで更新拒否をされた方のお話を聞いたのは、カードを作って一回も使わなかったという方くらいしか聞いた事がないですから。判断するのはカード会社ですから一概にはいえませんが、危険なのは一回も使わない事でしょう。

カード使用中に延滞があった方

有効期限が切れる前に、そのカードで延滞がある場合も、更新拒否の可能性があります。延滞が多い会員は、Credit(信用)を与える事が難しくなる為で、貸し倒れを防ぐ意味合いがあります。

もちろんこれも、一度延滞しただけでそうなると言う訳ではありません。危険なのは、延滞を何度も繰り返していたり、回数が少なくても、長期間の延滞があるケースです。

個人信用情報機関にネガティブ情報があった

クレジットカード会社は、カード更新時に個人信用情報機関を閲覧する事が多いようです。その際に、個人信用情報の悪化、つまり著しく他社のクレジットカードの利用状況が悪化していたり、強制解約や自己破産をされていると危険です。

ネガティブな個人信用情報を見た担当者は、「うちのカードも延滞or踏み倒されるかも!」という感じで更新を拒否する可能性があるのです。

もしかしたら発送が遅れているだけかも。。

クレジットカード会社の中には、更新カードが月初に届く所と、月末に届く所があります。ですから、なかなか届かない!という方も、もしかしたら届くのが遅れているだけかもしれません。

どうしても知りたい時は電話をして聞くのが一番確実ですが、月の下旬くらいまではチャンスがあります。

一枚目のカード取得を目指している方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

Copyright© クレジットカード勧誘スタッフ All Rights Reserved.

お気に入りに追加