自由業と自営業

クレジットカード勧誘スタッフの裏話

カテゴリTOPQ&A TOPホームページ1クレジットカード勧誘スタッフの裏話

フリーで働いています。申し込み時のお勤め先は自営業?自由業?

クレジットカードを申し込む時に、必ず「ご本人様について」という欄があるはずです。そしてそこには、会社員、公務員、自営業、自由業などから一つ選択すると思います。実際に私が現場でよくお客様から聞かれるのは、フリーで働いている場合は自営業か、自由業かという問題。ここでは、自営業と自由業の違いについてご紹介します。

まずは自営業と自由業の定義をみてみましょう

ネットの辞書で調べた所、下記のように定義されています。

自営業の定義

自己の力で経営すること。また、自立して生計を営むこと。

自由業の定義

一定の雇用関係によらず、時間に束縛されないで、独立して営む職業。多くは特別な技能・技術・知識に基づく専門的職業で、芸術家・芸能人・医師・弁護士・会計士・文筆業など。

カードスタッフによる意訳

上記のようにそれぞれ定義されていますが、自営業は自己の力で経営して、自立して生計を営んでいるとありますが、それは自由業にもあてはまります。また、自由業は一定の雇用関係によらず、時間に束縛されないで、独立して営む職業とありますが、それは自営業にもあてはまります。

つまり、どっちもあんまり変わらないという事ですね。

ただし私たちクレジットカード勧誘スタッフは、ここを重要視します。特別な技能・技術・知識に基づく専門的職業で、芸術家・芸能人・医師・弁護士・会計士・文筆業など、、という文面です。

そう考えると、大体の人は自営業にあてはまると思います。逆に、若干20歳くらいで自由業とかだと、逆にフリーターかな?と怪しまれてしまう可能性すらあるでしょう。

自分がクレジットカードを申し込む時に迷ったら、上記「特別な技能、、、」を再確認してみてください。分からなかったらひとまず自営業にしておけば問題ないでしょう。

一枚目のカード取得を目指している方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

Copyright© クレジットカード勧誘スタッフ All Rights Reserved.

お気に入りに追加