海外旅行傷害保険やショッピングガードなど海外旅行に強い

クレジットカード勧誘スタッフの裏話

カテゴリTOP目的別お得なカードの選び方TOPホームページ1クレジットカード勧誘スタッフの裏話

海外旅行に強いクレジットカード

学生さんに特に多いと思いますが、海外旅行に行く際に、クレジットカードが必要になる場合がよくあります。海外ではIDカードの代わりにもなり得ますので、是非旅行前に作られると良いでしょう。

海外でも安心のブランド

海外でも加盟店が多いのは、やはりビザかマスターカードでしょう。JCB/AMEX/Dinersは、性質上加盟店数は多くありません。(その代わりに、加盟店以外でのサービスが売りなのですが)

いずれにしても、ビザ・マスターカードが決済するという点で圧倒的に優れいている事は間違いありません。

三井住友カード

VISAと言えばこれを思いつく人が多いと思いますが、日本のビザの代名詞とも言えるクレジットカードですから、海外でも安心です。

海外旅行傷害保険つき・VISA/MasterCardのデュアル発行も可能

三井住友VISAカードと言うキャッチが印象強いので、ビザのイメージが強いですが、マスターカードもありますし、ビザとマスターカードのデュアル発行も行っています。この場合は年会費が普通に持つよりも優遇されます。

(例 三井住友VISAクラシック一枚⇒1,250円+税が、三井住友MastarCardクラシックとデュアル発行でもたった1,500円+税です。

  三井住友VISAゴールドカード 三井住友VISAエグゼクティブカード 三井住友VISAクラシックカード
入会基準
(目安)
原則として満30歳以上
ご本人に安定継続収入のある方
満20歳以上
安定した収入のある方
満18歳以上の方
※高校生は除く
年会費
(税込)
本人 10,000円+税 3,000円+税 1,250円+税
※在学中無料
家族会員 税抜1,000円+税
※1名無料
税抜250円+税
※1人目初年度無料
税抜400円+税(初年度無料)
※本会員の方が学生の場合、在学中無料
ご利用可能額
(入会時)
70万円〜200万円 10万円〜80万円 10万円〜80万円
※学生は10万円〜30万円
旅行
傷害保険
※1
海外 最高5,000万円まで 最高4,000万円まで 最高2,000万円まで
国内 最高5,000万円まで 最高3,000万円まで 無し
ショッピング保険 年間300万円まで 年間100万円まで 年間100万円まで
※条件あり

これらの三井住友VISAカードの詳細はこちら

シティカード

国際企業であるCitiBank銀行の関連会社であるCiti Card Japan inc.が発行しているクレジットカードです。やはり、世界で認知されているブランドですので、安心して利用できるでしょう。ただし、保険が利用付帯な点と、ビザ・マスターカード両方を同時には持てない点が弱点です。

海外旅行傷害保険つき

シティカードは、海外旅行障害保険がついています。(通常海外に行くときは障害保険に加入するのが常識です)空港で掛け捨ての保険に加入したりすると簡単に7〜8千円取られてしまいますので、こちらの保険の方が断然お得です。

ただし一点だけ注意が必要なのは、保険が適用されるのは旅行代金(運賃、ツアー代金等)をカードで支払うという条件があります。仲間内でまとめて支払うような旅行だと、ちょっと不都合が生じる可能性もあるかもしれません。それでしたら、三井住友の保険付きをお勧めします。

  シティ ゴールドカード
入会基準
(目安)
25歳以上
年収400万円以上
年会費
(税込)
本人 12,000円+税
家族会員 6,000円+税
ご利用可能額
(入会時)
80万円〜125万円
旅行
傷害保険
※1
海外 最高7000万円まで
※利用付帯
国内 最高7000万円まで
※利用付帯
ショッピング保険 年間500万円まで

一枚目のカード取得を目指している方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

Copyright© クレジットカード勧誘スタッフ All Rights Reserved.

お気に入りに追加