個人信用情報機関とは

クレジットカード勧誘スタッフの裏話

カテゴリTOP用語集TOPホームページ1クレジットカード勧誘スタッフの裏話

個人信用情報機関とは〜クレジットカード用語集

個人信用情報機関とは、皆さんのよりよいクレジットライフを支える為の機関です。具体的には、厳重なセキュリティの基信用情報をデータベース化している機関であり、それをクレジットカード会社は条件付きで閲覧する事ができます。

どんな事をすると載るの?

なんらかの金融商品を利用すると情報が掲載されます。身近な例では、やはりクレジットカードの契約情報が掲載されている方が多いでしょう。

まず申し込みをすると、クレジットカード会社が審査の為に個人信用情報機関にアクセスして、申込者がデータベースに登録されているかをチェックします。その際に、その人が申し込みをした事実を個人信用情報機関に掲載します。(その事実は6ヶ月程残る会社が多い)

次に、そのカードの審査が通った時に、改めて契約情報の内容を掲載するのです。(解約してから5年間残る事が多い)

延滞情報があると、、、

個人信用情報機関には、手持ちのクレジットカードである程度の延滞をしてしまったりすると、延滞した情報等も載ります。逆に会社にもよりますが、しっかり支払いをしていればこの人はしっかり払っている情報をつけてくれる会社もあるのです。

支払いをしっかりしていれば他のカードも作りやすくなったりするのはこのヒストリーが原因となる事もありますから、お支払いは計画的に!が大事な事になるのでしょうね。

一枚目のカード取得を目指している方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

Copyright© クレジットカード勧誘スタッフ All Rights Reserved.

お気に入りに追加